スーパームーンの最上級「エキストラスーパームーン?」とはなんだろう?

スポンサードリンク

「スーパームーン?」

今年は年に3回もスーパームーンが見られた

スーパームーンファンにとってはかなりの当たり年となっているらしい。

 

「ちょ、ちょっとまてぃ!唐突すぎだろが?スーパームーンってなんだよ?」

おそらくそんな声が聞こえてきそうだがまぁ無理もない。

私も最近知った言葉なのだから

メイン読者と想定している中高年読者には初耳の方も多いだろう。

 

天文学的な解説は他で調べていただきたいので

こちらではかなりザックリと説明してみたい。

 

まずは我らが地球と月の関係から。

 

「月は地球の周りをクルクルと回っている」

「位置関係によって丸くなったりなくなったりする」

「が、ホントはなくなっている訳ではない」

「なのでかぐや姫もウサギも普通に生活しているから大丈夫!(個人的主観)」

「かぐや姫はモチを食べ飽きていて、ウサギは餅つきにさすがに飽きている(同上)」

 

まぁこんな感じで普通の方は認識しているのではないだろうか?

 

で、丸くなっている時を日本では「満月」と呼んでいて、

英語圏では「フルムーン」と呼んでいると思われる。

 

では冒頭の「スーパームーン」とは何か?

日本語にすれば「すっげぇ月…」

こんな感じだろうか。

 

月は地球の周りをクルクルと回ってはいるが、

実は少しだけ楕円軌道で回っているんだそうな。

このあたりの説明は私では無理なので楕円に回っているとだけ理解してほしい。

 

楕円に回っているがために

同じ満月でも微妙に大きさが違って見えるんだそうな。

この満月が大きく見える時を特別に

「スーパームーン」と呼んでいるらしい。

 

どのあたりが「スーパー」なのかというと、

大きさが10%以上大きく見えて30%近くも明るく見えるらしい。

確かに「スーパー」だ。

 

「今日の満月はやけに大きく見えるなぁ…」

そんな記憶はないだろうか?

おそらくそれこそが「スーパームーン」だったのではないだろうか?

 

(余談。もし体の奥底から何かしらフツフツと湧きあがる抑えきれない衝動が走るなら、

先祖とオオカミに何か関係がないか調べておいた方がいいかもしれない。

場合によっては「満月の日は外出禁止令」を自身に出しておくべきだ。)

参考動画


 

じゃあエクストラ・スーパームーンって何よ?

「エクストラ・スーパームーン」

もしくは「エクストリーム・スーパームーン」

スーパームーンとどう違うのか?

 

まぁ同じようなものなのだが、

地球に最接近して来た時の「スーパームーン」

いわゆる「スーパームーン」の中の「スーパームーン」ってところだろうか。

 

「エクストラ」も「エクストリーム」も強調語なので、

日本語にすれば

「ちょースゲぇ!」「マジヤバい!」

って感じの言葉なので「スーパームーン」が理解できれば良しとしておいたらどうだろうか?

 

もちろん気になるならばキチンとしたところで調べることをオススメするが、

 

「お?今夜は満月はやけにデカくない?スーパームーン?」

もしくは

「スーパームーンの時の月ってホントに綺麗に見えるよね~

ウサギさんもクッキリ見えるよ!」

 

なんて切り口から入って話題が盛り上がれば我々としてはグッジョブ!なのではなかろうか?

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player