スコットランド独立について少しだけ理解を深めてみた。

スポンサードリンク

イギリスって名前じゃない?

我々が普段呼んでいる「イギリス」って

ホントの名前ではないらしい。

 

正式名称を

「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」

といい

「イングランド」「ウェールズ」「スコットランド」「北アイルランド」

が合併したものなのだそうだ。

 

サッカーに詳しい方には常識らしいのだが

私個人としては「イギリスというひとつの国」だと思っていたので

独立の話題ではじめて知り驚いたわけである。

 

「スコットランド」という名前は

いろいろなところで耳にしてはいたが

まさかイギリスの中の国のひとつだったとは…

(アイルランド、ウェールズも同様に)

 

私が「イギリス人」と呼んでいたのは誰だったんだ?

 

「島国ニッポン」の我々には

この手の話題は理解しにくい部分が多分にある。

 

独立を望む理由や合併に至る歴史のような

難しい問題はググって調べていただくとして、

 

「流行りの話題についていき会話のネタの引き出しが多いダンディー」

 

になることが目的の我々は

「なんとな~くわかってるっぽく見せて

それとな~く相手との会話を楽しめるレベル」

でいれば良いのではなかろうか。

 

軽い話題を楽しむ場において

タブーとされる話題(NGワード)がいくつか存在する。

 

「宗教」

「政治」

「プロ野球(最近はサッカーも)」

「国、人種に関わること」

 

これらの話題は、

よほど親しくなってからでないと地雷を踏んでしまう危険が高いので

自分の意見を言わないのが鉄則である。

 

かといって黙って聞いているだけでは

「こいつ知らないな。無知なヤツめ」とか思われかねないので

アツく語りたい気持ちをググっとこらえて

直球を避けて変化球を投げてみようではないか!

 

こんなのはいかかだろうか?

 

「やっぱあれっすかね?

独立しちゃったらユニオンジャック(イギリスの国旗)とかも

デザインかわるんすかね?

そしたらパンクロッカーとか凹んじゃいそうっすね…」

 

これがナイスミドルってもんでは?

と個人的には思うのだがいかがだろうか?

 

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player