裏ワザ的短期間ダイエット

スポンサードリンク

脂肪は落とすしかない事実

 

人生における「悩み事」において

「ダイエット」はたいていの方にとって五本の指に入る悩みではないか?

 

年間を通して

人がダイエットを決意する時期は大体決まっている。

 

・正月太りを解消するため

・夏にナイスバディを見せ付けたいため(春先)

・秋に「今から始めて来年こそは…」と未来を見据えて

 

この辺りがダイエットのキッカケの定番ではなかろうか?

 

 

ダイエットを決意するものの大抵の場合は決意で終わるか

一週間程度で自然とフェード・アウトしてしまうのもまた自然の流れだったりする

 

巷には星の数ほど「ダイエット法」が存在するのに

なぜこれほどまでに失敗してしまうのか?

 

意志が弱いと言われてしまえば身も蓋もないが

1番の原因はやはり

 

「持続するのが苦痛(困難)」

 

だからではないだろうか?

 

人間のカロリーを消化する1番の立役者は、

「基礎代謝」

と呼ばれる部分が全体の7割近くを占めているらしく

筋肉の量が多ければ多いほどこの消費量は高くなる。

 

学生時代にスポーツ系の部活に打ち込んでいた人と、

文化系の部活に打ち込んでいた人とでは

そもそも筋肉量(基礎代謝)が違っているわけである。

 

この2人が同じ「運動系ダイエット」に取り組んでも

当然のことながら得られる結果は違ってくる。

そうなれば思うような結果が得られない文化系ちゃんは

モチベーションが上がらずフェード・アウトへと向かうのが「自然の摂理」と言うものであろう。

 

ダイエットが成功するか失敗するかは、

自身の基礎代謝のレベルを自覚して

「運動系ダイエット」なのか「食事系ダイエット」なのかを

考慮するだけでも成功率は変わってくる。

 

「なんかお題目と話が違くないか?」

 

あわてないでほしい

ここを理解しているかどうかで

ダイエットが成功するかどうかが大きく変わってくるから

もう少しだけお付き合いいただきたい。

 

 

さて、

本来のダイエットとは先程も述べたとおり

「運動系ダイエット」を持続させることによって成り立つ部分が多い。

 

しかしながらこの記事のタイトルに惹かれてきたアナタには

それは過酷であり持続させることは非常に困難であろう。

 

よってここではお題目どおり

 

「短期間で結果を出すダイエット」

 

を色々と提案させていただくことにする。

提案するダイエットは「裏ワザ的」な要素が多分にあるので

医師でもない私にはなんの保証もできない。

実践に関しては自己判断で取り組んでいただきたい。

特に持病のある方はかかりつけの医師とよく相談してからにしていただきたい。

 

 

短期間で結果を出すには

 

短期間で結果を出すには

「絶食」が1番なのは今さら言うまでもないだろうが

理屈的には

「消費カロリー(基礎代謝量含む)」が「摂取カロリー」を上回れば痩せる

それだけの事である。

 

それができないから苦労するのであるが

自身の基礎代謝量を理解すれば

実はなんとかなるのである。

 

とにかく絶対的に必要なのは「摂取カロリーの制限」

実は現在摂取している食料を見直すことで問題が解決する場合が大半だったりする。

 

特に改善しやすい部分が「間食」と「飲料」

「間食の習慣をなくす」だけでも大きく変わってくるが

実は飲料も大きな改善ポイントなのである。

 

今まで間食の習慣を持っていた方は

間食したくなったらガムを噛む

飲料をノンカロリー(水やお茶系、コーヒーはブラック)に変える

食事をとる30分前にアメ玉を1つ食べる

 

この3つを実践してみてほしい。

アメ玉を食べる意味は脳をダマす目的であり、

これによって食事の量がガクンと変わるので必ず実践していただきたい。

 

後は空腹を感じたらひたすらガムを噛む事を心がければ

絶食や減量系のダイエットよりはるかに楽に取り組めて

摂取カロリーを大幅にダウンさせられる

 

さらに飲めるのであれば「豆乳」を取り入れると、

成分の「ペプチド」が脂肪を燃焼させる働きがあるので

効果的である。

 

 

必要な食事はしつつ無駄なカロリーを摂取しないことが

食事系ダイエットを持続させるコツであり成功の秘訣である。

 

どうしてもストレスが溜まるならば、

週に一度は好きなモノを1つだけ許すなどアメも用意してみるといいだろう。

 

 

ここまでをキチンと実践すれば効果はテキメンだが

あくまで裏ワザ的なので

辞めてしまえば当然のことながら元に戻ってしまう。

 

これをカバーするために同時に取り組んでいただきたいのが

 

「基礎代謝量を上げる」事である。

 

こちらは運動をすることでしかアップしないので

非常に困難であろうがナイスなバディを手に入れたいのなら

必ず実践していただきたい。

 

極力苦痛をさけて持続しやすい方法を提案しておくので

頑張ってみてほしい。

 

 

基礎代謝量を上げるには

「筋肉量」を増やすしかないが

1番筋肉量を上げやすいのが「脚の筋肉」である。

 

続いてが腹(腹筋)となっていて

要するに「下半身を鍛えることが基礎代謝量を上げる近道」

なのである。

 

女性諸君にとっては

「小顔になりたい!!」だの

「二の腕のプルプルが…」

など上半身に悩みが多いと思うが、

下半身を引締めることで上半身にも影響がでるので

まずは大きな筋肉の脚と腹筋を鍛えていただいたい。

 

 

最小の苦痛で最大の効果を出す脚の筋肉の鍛え方

 

これは1番の裏ワザと言っても良い。

 

「階段を降りる」

 

これだけだ。

 

「???昇るじゃないの?」

 

そう、降りるのである。

 

・山を登る

・坂を登る

・階段を昇る

 

どれも苦痛を伴うので苦手な人も多いだろう。

ところがだ、

意外や意外実は下りの時のほうが

実は筋肉を鍛えているのだ。

 

ということは

上りの苦痛をパスして下るだけを実行すれば、

苦痛もなく筋肉量を増やせられるのだ。

 

実行するのに最適な場所は、

 

「エレベーターのある高い建物(階段で降りれること)」

 

上りの苦痛をパスして実践できる最高の場所だ。

最近では地方でも高層マンションなども増えていると思うので

実践しやすいと思う。

 

これにより基礎代謝量を上げることで

自然と太りにくい体質というのに変わってくるはずだろう。

 

効果が実感できてきたら

 

・CMの度に腹筋をする

・CMの度にスクワットをする

・踏み台昇降運動&カカトの上げ下げ運動

・風呂あがりにストレッチ

(インナーマッスルを鍛えることも基礎代謝量を上げるのに非常に効果的)

 

など少しずつ運動量を増やしていければ

さらに効果が実感できることだろう。

 

最初から張り切りすぎてフェード・アウトするより

よっぽど成功率は上がるので

無理せずに自分のペースで取り組んでいただきたい。

 

 

一か月とは言わないが

かなり短期間で結果を実感出来るはずだと思う。

 

持続できればが前提なのは言うまでもないが…..

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player